当クリニックの治療内容

補綴物

当院の補綴物(ほてつぶつ)の種類について

補綴とは虫歯などの治療の後に歯にかぶせるものを指します。補綴物には金属やプラスティック、クラウンなど様々な種類があります。保険適用のものもあれば、保健適用外の補綴物もあります。

また、審美的な理由だけでなく歯茎との適合性など、使用する補綴により異なります。当医院では患者様の状態にあった補綴物をご提案させていただきます。

当院の詰め物・被せ物ラインナップ

オールセラミック

オールセラミック

芯まで全て完全なセラミック素材で出来ております。芯材に金属を使用しているメタルセラミックより透明度が高く、とても綺麗に審美的回復を行えます。前歯の審美的回復にも適しております。

メタルセラミック

メタルセラミック

金属のフレームの上にセラミック材料を盛り、焼き付けたものです。表面は完全なセラミック素材ですので変色せず、前歯にも適しております。芯材が金属であるため、強度があることがメリットですが、加齢とともに歯肉がやせてきた場合、金属とセラミックの境目が黒く露出してくる恐れがありますので、ご注意ください。

CADセラミック

CADセラミック

CAD・CAMセラミッククラウンとは、コンピューターを使用することでセラミッククラウン製作工程を簡略化し治療費用を安価に抑えることに成功した審美歯科治療です。まずコンピューターで患者の歯型データを読み込み、それを基にセラミックブロックから削り出していきます。

オールセラミックと比べると安価ですが、コンピューターを用いて作成するので、色や形が単調になりやすいというデメリットがあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

保険の白い詰め物に使用されるレジン(プラスチック)素材とセラミック素材を混ぜ合わせた素材です。レジン素材より変色しにくいという特性がありますが、完全なセラミック素材と比べると透明感にかけるという審美的欠点があり、前歯にはあまり適しません。

ゴールド

ゴールド

ゴールドは金属の中で体に優しく、アレルギーなどの心配もほとんどありません。またゴールドは程よい硬さで、土台になる自分の歯とぴったりと合いますので二次カリエス(治療したのにまたむし歯になる事。)の再発を予防できます。主に奥歯の治療に用いられます。

各治療部位における詰め物・被せ物ラインナップ

インレー(詰め物の種類)

つめ物の種類

クラウン(前歯の被せ物の種類)

前歯の被せ物の種類

クラウン(臼歯の被せ物の種類)

臼歯の被せ物の種類

当院は大阪市内(阿倍野区・平野区・生野区・住吉区・住之江区・浪速区・西成区・東成区・天王寺区・東住吉区 他)はもとり、市外からもご来院いただいております。