スタッフブログ

阿倍野区西田辺の歯医者 うえたに歯科クリニック~知覚過敏~

 

阿倍野区西田辺の歯医者 うえたに歯科クリニックの歯科衛生士のKです🐻


先日院内研修で知覚過敏に効くお薬について講義して頂いたので、知覚過敏についてお話します*


CMでもご覧になられる事が多いかと思いますが、まずは知覚過敏とは何か?虫歯とはどう違うのかご説明します!

 

知覚過敏とは、むし歯はないのに、冷たい水がしみたり、歯ブラシを当てた時とかに痛みが起こる症状です。甘味や酸味の強いものも知覚過敏を起こす刺激物になります。
痛みは一過性で、刺激がなくなると痛みもなくなります。

 

 

メカニズムとして、歯には象牙質という組織があり、目には見えない管があります。冷たい飲み物などの刺激がこの管を通じて神経に伝わることで痛みを生じます。

 

痛いのに虫歯ではないの?とよく聞かれますが、症状の違いとして
・持続的な痛み
・何もしなくても痛い
・歯が溶けて穴が空いている
・歯を叩くと響く様な痛みがある
などの症状があれば虫歯かもしれません。



ではなぜしみる痛みが出るのでしょう?
原因として…
・かみ合わせの異常
・強い噛み締め
・歯ぎしり
・歯周病の進行
・誤った歯みがき
などです。

 


重症な場合だと風でもしみたり、痛みがしばらく続くようになり、日常生活にも支障が出てきますので治療が必要となります。


治療方法は…
・知覚過敏用歯磨き粉に変える
・薬剤の塗布
・コーティングや詰め物
・マウスピース
・レーザー
などがあります。
ある程度までは削ったりせずに歯磨き粉や薬剤の塗布をして様子を診ます。マウスピースは噛む力が強い方にはとても大切になります



そして今回院内研修で講義して頂いて本格的に導入したお薬がこちら!

3MクリンプロホワイトバーニッシュF です!


日頃がお世話になっている3Mさんの商品で特殊な技術で知覚過敏を抑える事が出来ます!

早速使わせて頂きましたが即効性があり患者さんへの負担がかなり軽減されていて、使用方法もとても簡単でした!これから出番が多くなりそうです*



知覚過敏は刺激がなければ痛みが出ない場合が多いですが、虫歯ではないからと放っておかずに、症状が悪化する前に一度歯医者さんで詳しく診て頂く事をおすすめします!

気になる症状などがあれば、いつでもご相談下さいね*