スタッフブログ

阿倍野区の歯医者 歯科医院のうえたに歯科クリニック〜自費で行う根幹治療

阿倍野区の歯医者、歯科医院のうえたに歯科クリニックです。
今回は、『自費で行う根幹治療』についてお話しさせて頂きます。

当院では、『根幹治療』を保険内で行うか、もしくは自費で行うかを選択することが可能です。

現在日本が抱える根管治療においての問題点とは、『保険診療による根管治療では十分な治療が行うことができない』という現実です。

例えばラバーダムと呼ばれる、唾液中の雑菌を遮断する防湿防菌シートを用いた際の根管治療の成功率が約90%であるのに対し、ラバーダムを使わない時の成功率は約50%以下といわれます。ほぼ全ての歯科医師が『患者様の歯を守り続けていきたい』という強い想いを持ちながら日々診療を行っているはずなのに、多くの歯科医院でラバーダムを使っていないという矛盾した現状があります。

アメリカでは根管治療の専門医による根管治療はもはやスタンダードです。その専門医の方々は根管治療から歯の土台を立てるまでが守備範囲。最終的な被せ物は他院で行います。もしその根管治療が失敗すると他院から苦情が出ますから、大きな責任と重圧を負って治療しているのです。

このような専門医による根管治療は1歯につき10万円~20万円の治療費がかかります。

うえたに歯科クリニックでは『自費で行う根管治療』に力を入れていますが、保険の根管治療も行っています。

かぶせ物を選ぶ際にはいつも患者様に保険か自費かをご自身で選んでいただきます。根管治療においても同様です。もちろん患者様に無理に選択を押し付けることはいたしません。

ただ少しだけ考えていただきたいのです。
せっかく治療した歯が再発するリスクを。
せっかく残そうと思っていた歯が抜歯になる可能性があることを。

あくまで自費の根管治療はひとつの選択肢です。保険の根管治療だからといって、いい加減な治療はいたしません。ただ、保険の根管治療には限界があるということをご理解いただいて、ご自身の歯を残すことに対して少しでも価値観を持っていただければ幸いです。

うえたに歯科クリニック 森本