スタッフブログ

大阪市阿倍野区西田辺の歯医者~つめもの・かぶせものの選ぶ基準は??~

こんにちは!
うえたに歯科歯科助手の上田です⭐︎

今回はよくある患者さんのお悩みの一つ、虫歯治療後の被せ物、詰め物の選び方についてお話しします★

最初に知っておいていただきたいことがあります。。

治療をした歯は再生する訳ではありません。
無くなった部分に代替えのも被せるとゆうのは、いわば、義足をつけるような物に感じます。
今まであったものが違うものに変わる事は、噛み心地や、ケアの仕方が変わったり、ご自身の歯以外の物をお口の中に入る事によって、今までとは違う口腔内環境になります。

自分のお口になかに入れるものをしっかりお考えいただけたらと思います(^^♪

まず選択肢として

<保険内>と、<保険適用外>です。

基本的に被せ物、詰め物は歯の削ってなくなった部分に補填します。

まずは<保険>
今の日本で保険適応の物は基本的には<銀歯>のみです。
費用を抑えることが最大のメリットです。
ですが、金属は性質上、酸で溶け出します。
お口の中は食事をすることで中性や酸性の状態を日々繰り返しています。
そのなかで酸性に傾きやすい方はより、溶け出しやすくなり、隙間が出来ると、そこから虫歯菌が侵入して虫歯になってしまいます。
日々の診察の中で、レントゲンでは金属は境目の細かい映像が映りにくくなってしまう事もあり、自覚が無かったり、見た目にはわからなくても、いざ被せ物を外してみると虫歯になっている事があります。
実際に拡大してみると銀歯と自分の歯の境目に隙間ができていることが多いです。
海外では金属アレルギーの観点から使用禁止になっている国もあります。

保険外には
<セラミック>
<メタルボンド=メタルセラミック>保険とは質の違うメタルフレームにセラミックを焼き付けた物
<ゴールド>
が当院にはあります。

全ての被せ物、詰め物は保険では使えない高価な型取り材料を使い、密着性の高い精密な被せ物、詰め物を作る事が出来ます。

<セラミック>は溶け出す事は有りませんので、金属などのアレルギーの懸念がなく、見た目にもご自身の歯のように自然に馴染みます。
表面も拡大してもデコボコが少なく汚れを落としやすいので清掃性にも優れています。
デメリットととしては強いかみ合わせをされている方、普段から食いしばり、歯軋りが強い方は割れてしまう事もあります。
金属は割れませんがすり減ります、セラミックは陶器の様な素材なので、素材の特徴でその様な性質も持ち合わせています。

<ゴールド>は保険の銀の素材とは違うのでアレルギーになりにくい金属が使われていて、なによりも素材の特徴として柔らかく、セラミックより柔軟性があるので密着性ではNO1と言っても過言ではない程馴染みが良い材料です。割れる心配は有りません、さらに薄く素材を使えるので、ご自身の歯を必要以上に削らなくて済むことも◎
デメリットは金属色の見た目でしょうか

どれも全てにメリット、デメリットがあります。
その中で今の状況、状態に合ったベストな選択肢をご提案、ご相談をしっかりお時間を頂きお話させて頂いておりますのでご安心ください!!

当院では初診時に問診票とあわせて、ご自身の治療への優先項目のアンケートをいただいています。

審美性
機能性
再発リスク
費用

この中でご自身にとっての、一番良い選択肢をして頂く為に、どこに重点を起き、どういったご希望や目標にするかにより、今後のお口の未来が決まります

自分にはなにがいいのかなど、わかりやすいパンフレットもご用意しておりますので、当院にお越しの際は是非、お声かけください!